歯周病

歯周病の特徴と症状

この病気の最大の特徴は、歯周病は末期になって痛みや腫れの症状が出てくるまで、初期・中期にはほとんど自覚症状が出ません。
これが歯周病の一番怖いところです!
歯と歯茎の境目から細菌が入り、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて、ブラッシング時に出血します。
しかし、痛みは全くありません。さらに進行して、歯肉の中にある歯槽骨(歯を支えている骨)が溶けると、膿が出たり、歯がグラグラしてきます。
この時期になって、腫れてしまったり、痛みがひどくなりますので、そこで気付かれる方がほとんどです。
ほったらかしにしておくと、最後に歯は抜けてしまいます。

なんで歯周病になるの?

歯周病は歯と歯肉の間にたまる歯垢(プラーク)が直接的な原因とされています。
また、間接的な要因として糖尿病、喫煙、生活習慣などがあげられ、最近ではストレスや過労による自律神経系のバランスの崩れが歯周病を悪化させる要因として注目されています。

歯周病の原因

間接的原因【1】
全身的な要因(生活習慣)
直接的な原因
プラーク(歯垢)
間接的原因【2】
局所的な要因(口腔内環境)
近年、悪い生活習慣が歯周病を引き起こしたり、悪化させたりする要因になっていることがわかってきました。
口腔内環境はもちろん、生活習慣を見直して、全身の健康状態を整えていくことが大切です。
プラークは複数の細菌がコミュニティを作って増殖したバイオフィルムであり、主に歯周ポケットの中に存在しています。 口腔内の状態もプラークを増殖させたり、歯肉の炎症を悪化させたりする要因として
考えられています。
●ストレス●食習慣●肥満●運動不足●睡眠不足●喫煙
●その他【悪い歯みがき習慣)
●歯石●歯並び●不適合な冠(かぶせもの)など●不良習癖(口呼吸・歯ぎしりなど)●悪いかみ合わせ
直接的原因 プラーク(歯垢)
プラークは複数の細菌がコミュニティを作って増殖したバイオフィルムであり、主に歯周ポケットの中に存在しています。
間接的原因【1】
全身的な要因(生活習慣)
近年、悪い生活習慣が歯周病を引き起こしたり、悪化させたりする要因になっていることがわかってきました。
口腔内環境はもちろん、生活習慣を見直して、全身の健康状態を整えていくことが大切です。
●ストレス
●食習慣
●肥満
●運動不足
●睡眠不足
●喫煙
●その他【悪い歯みがき習慣)
間接的原因【2】
全身的な要因(生活習慣)
口腔内の状態もプラークを増殖させたり、歯肉の炎症を悪化させたりする要因として
考えられています。
●歯石
●歯並び
●不適合な冠(かぶせもの)など●不良習癖(口呼吸・歯ぎしりなど)
●悪いかみ合わせ
全身への健康
最近では歯周病及びその原因である歯周病菌がいくつかの全身疾患と関係があることがわかってきました。
詳しくは後述致します。
このように歯周病はプラーク(歯垢)内の細菌を主原因として、生活習慣や口腔内の環境要因にも
関連する複雑な病気と言われています。
でも、生活習慣をすぐに変えるのは大変。だから完治しにくく、再発しやすいのです。

歯周病は治るの・・・?

歯周病は治ります!
まずは直結的な原因である歯垢を一日一回歯ブラシでしっかり取り除くことです。
次に長年に渡って蓄積した歯石を全て取ります。これで軽度から中等度の歯周病のほとんどは治ってしまいます。
さらに重症の場合は手術をしたり揺らいだ歯を繋ぎ止めて(歯周補綴)固定します。
再発防止のためブラッシングを続け、免疫力を高めるために養生に努めてください。

まずは、ご自宅でしっかりケアすること。
それが歯周病を防ぐもっとも大事で基本的なことです。
自宅でのケアと合わせる形で歯科医院へ来院頂ければ
更なるホームケアの指導、歯の状態チェックと
二人三脚でしっかり予防対策が可能になります。

患者様と歯科医院、力を合わせて健康的な口内環境を
保持していきましょう!

歯科医院でのケア


●定期的なチェック
ご自宅でのケアがきちんと行われているかを確認します。
必要であれば治療を行います。
●歯のクリーニング
歯みがきだけでは取りきれないプラークや歯石をとってもらいましょう。
●お口の状態に合わせたセルフケア指導

ご自宅でのケア


●歯医者さんの指導による正しい歯みがき習慣を実践
●自己チェック(セルフチェック)
●規則正しい食生活
●禁煙

最後に、歯周病の本当の怖さ

歯周病を治療せずに放置しておくと、歯を失うだけでなく全身にも悪影響があることが近年の研究で分かってきました。
口腔内を不潔にしておくと歯周病菌が唾液に混入し誤嚥性肺炎を起こしたり、歯周病ポケット内の潰瘍から血管の中に入り全身にめぐります。
歯周ポケットの総面積は手のひらと同じ程度だと言われています。
心臓に入って、細菌性心内膜炎を起こすことは昔から知られていました。最近では動脈硬化、糖尿病、早産との関連も指摘されています。
まさに口腔の不潔は災いのもととなるのです。

まずは、歯周病の原因を知りましょう。
日々の生活、予防の大切さを知っていただければ、歯周病は治ります!