石田歯科医院 ホーム > 抜かない為の一工夫

抜かない為の一工夫

歯科治療の理想は予防です。
しかし残念なことに、今のところ、当院に初めて受診される方は、「歯が痛くて」・「歯がぐらぐらして」など、なんらかの症状を抱えていることが少なくありません。
その中には、「他の歯医者では抜かなければならないとは言われたけど診てください。」と残念そうな面持ちで来院される方もいらっしゃいます。

そんな方にご自分の歯で一本でも多く、一日でも健康な食生活を続けていただきたい。
そのため石田歯科医院では、以下のような技術でそのお手伝いをさせていただいています。

部分矯正で機能性の回復を

抜歯後放置していた為、傾斜した歯を部分矯正により最小限の処置で元に戻せます。
咬み合わせや歯ならびが悪いと、見た目が悪いだけでなく噛む機能も低下します。本来であれば矯正治療を行えばいいのですが、なかには一部分だけの治療で済むことがあります。それが部分矯正。当院では、治療が必要な歯だけを矯正できる部分矯正を行っています。
部分矯正は部分的に動かしたい歯だけを矯正する治療法であるため、治療期間を短縮でき手軽に治療ができます。すきっ歯や傾いた歯を整えるなどして、正常な咬み合わせを回復します。
【術前】
【術中】
【術後】
傾いた歯が整直した後にブリッジが入りました。

より長持ちする虫歯治療

当院では患者さんの立場に立ち治療後の長期的安定を考え、保険診療ではなく自費診療による歯科治療(審美歯科治療)をおすすめする場合があります。
虫歯治療は保険診療でも充分に機能を回復できますが、症例によっては自費診療を採用したほうが治療の質を向上させることができ、長い目で見てメリットがあるケースが多々あります。
その代表的なものが、セラミックによるインレーやクラウンです。劣化や変色がなく長期的に使用でき、金属アレルギーの心配がありません。さらに、見た目も天然歯に近く、美しい仕上がりになります。

当院では患者さんの症状やご要望に添って、メリットのある治療をご提供したいと考え、自費素材を用いた虫歯治療を推奨しています。

小矯正と歯肉整形

何度も治療を繰り返したため虫歯が深くなり他院で抜歯宣告を受けた症例。
矯正により歯根を引き上げ、その後歯肉を整形することで虫歯の部分を取り除くことが出来ました。
引き上げた分、歯根はやや短くなりましたが20年経った今も問題なく機能しています(治療期間 約三カ月)。
【術前】
【術後】

歯牙移植の紹介事例

歯牙移植を行った患者さんの症例をご紹介します。移植前と移植後の様子がご確認いただけます。
【術前】
【術中】
【術後】
この歯は虫歯が深いため抜歯になります。上の親知らずを抜いて移植しました。3年後も安定して?めています。