石田歯科医院 ホーム > 根幹治療

根管治療

しっかりとした基礎治療を~根管治療~

根管治療って一体なんのこと?

虫歯がしみたり痛くてしょうがないとき、神経を抜いてしまえば今までの痛みが
ウソのように消えて楽になります。
でも、痛みがなくなったからといって虫歯が治ったわけではありません。
むしろ、そのあとが肝心で、神経を抜いてしまった歯が一生使えるかどうかは
根管治療にかかっているのです。
さて、それほど大切な根管治療とはいったい何なのでしょうか?

もともと歯の中にあった神経をとってしまったわけですから、歯の中には複雑な形をした空洞(根管)が
残ります。
そこをきれいにして、中が腐らないように薬を隙間なく詰めるのが根管治療です。
ですから、神経を抜いたまま放っておいてはいけません。中が腐って根の先端から浸みだして、
歯をささえている骨の中に膿の袋を作ります。また、治療済みの歯でも空洞に隙間があったり、
汚れが残っていると、膿の袋を作ることがあります。

今は痛みがなく噛めるからといっても安心はできません。この病気は、ほとんど症状がないのです。
そして、突然爆発して顎を腫らしたり、バイ菌が膿の袋から血流に乗って、心臓や腎臓で
悪さをすることだってあります。
しかし、適切な根管治療が行われれば、神経を抜いてしまった歯や、神経が死んで腐りかけている歯も
よみがえることが可能なのです。
虫歯が神経まで達すると、根管治療が必要になります。神経を除去し神経が通っていた歯根の中を洗浄・消毒して土台を入れ、再び自分の歯を使えるようにする治療、これが根管治療です。

根管治療の症例

当院では、高度な技術を持った医師が治療にあたりますので、再発・再治療のケースはほとんどありません。安心してお任せください。

治療前

大きな膿の袋が根の全体にあります。

根管の長さを測定する

根管内部の長さを測定します。その後、根管内を徹底的に洗浄。

薬剤を詰める

キレイになった根管内部に薬剤を詰めて密封します。

土台を入れてクラウンを被せる

さらに薬剤土台を入れ、クラウンを被せます。治療前の大きな膿の袋もなくなりました。
【1】
虫歯が深くなって神経までいってしまった
痛くなったけど我慢したら治りました。しかし神経は死んでしまったのです。

神経の空洞が腐って骨の中に膿の袋を作ります。
虫歯はさらに深くなって根っこだけ。
これはもう抜かなくてはなりません。
【2】
虫歯が深くなって神経までいってしまった冠は被せて噛めるようになりましたが、根管治療は不十分です。

膿の袋についた歯には、根管治療!!
しばらくすると海の袋はなくなります。
これで安心。冠を作ってずっと噛めるようになりました。