石田歯科医院 ホーム > 入れ歯・ブリッジ

当院の入れ歯・ブリッジ治療について

当院では歯を失った時の補綴治療として、入れ歯やブリッジでの治療を行っています。患者さんのご希望と症状を踏まえ、もっともふさわしい治療をご提案させていただきます。しっかりとしたカウンセリングを行い、患者さんに同意をいただいてから治療を開始しますので、お気軽にご相談ください。

入れ歯

初めて入れ歯を入れた方へ

入れ歯はいくら精密に作られていたとしても、決して万能ではありません。自分の歯に比べれば噛む力も弱く、
どうしても違和感を生じてしまうこともあります。
しかし、正しく設計された入れ歯は次第に慣れ、自分のものになっていくはずです。
合わないと思って我慢して使っている分、噛めないのはしょうがないと諦めている方は是非ご相談ください。
皆様がピッタリ合う入れ歯を手に入れ、快適な毎日を送れるように願い、さらに努力して参りたいと思います。

入れ歯の基礎知識

合わない入れ歯は、残っている歯の寿命を縮めます。
“食べる楽しみ” を半減させてしまう、合わない入れ歯。
さらに、合わない入れ歯は、“残っている歯の寿命を縮めてしまう”など、その弊害は食事の問題だけに留まりません。
ここでは、「合わない入れ歯の悪循環」について解説します。

合わない入れ歯の悪循環

合わない入れ歯は、全身の不調へとつながります。
合わない入れ歯を長期間装着していると、不適切な噛み合わせによって、顎(あご)の痛みはもとより、頭痛、肩や首、背中や腰の痛みなど、不調が全身へと広がっていくことがあります。
全身の不調の原因が、合わない入れ歯にあったという方も少なくありません。
歯並びの悪い人、あるいは歯を抜けたままにしている人も要注意です。

合う入れ歯・合わない入れ歯の違い

合わない入れ歯
■かみ合わせが悪い
■歯の位置が不適切
■歯茎との接し方が不自然
■よく噛めない
■こわばった表情に
■不自然な発音
■頬の骨の吸収を促進
■虫歯や歯周病を悪化
■全身が不調な状態に
毎日が憂鬱に
合う入れ歯
■噛み合わせが良い
■歯の位置が適切
■歯茎とピッタリ接着
■しっかり噛める
■顔の表情がゆたかに
■自然な発音
■顎の骨の吸収を抑える
■残っている歯を守る
■心身のバランスを保つ
生き生きと活動的に
入れ歯はいくら精密に作られていたとしても、決して万能ではありません。自分の歯に比べれば噛む力も弱く、どうしても違和感が生じてしまうこともあります。しかし、正しく設計された入れ歯は次第に慣れ、自分のものになっていくはずです。合わないと思って我慢して使っている方、噛めないのはしょうがないと諦めている方は是非ご相談ください。皆様がピッタリ合う入れ歯を手に入れ、快適な毎日を送れるように願い、さらに努力して参りたいと思います。

入れ歯を長く使う秘訣

せっかく作った入れ歯が、やっと馴染んできた矢先に使えなくなってしまった・・・
こんなお話を聞くことがありますが、こんなもったいない話はありません。

入れ歯が早期に使えなくなる一番の原因が入れ歯に隣接する歯が失われることです。

この歯は入れ歯のバネが掛かる重要な役目を担っているだけでなく、非常に汚れやすいのです。
汚れたままにすると、より虫歯や歯周病になりやすくなります。
さらに、入れ歯を安定させるために多少の負担がかかっているのです。
ですから、残存歯が虫歯、歯周病にならないようにケアすることが入れ歯を長く使い続ける上で大変重要なこととなってきます。

入れ歯を入れなくてはならなくなった原因を考えてみてください。
あなたは虫歯か歯周病で歯を失うことになったはずです。

入れ歯のワンポイントアドバイス

①夜間、入れ歯は外して専用のケースで保管しましょう。
ティッシュにくるんで置いておくと、誤って捨ててしまう事もあります。
また、外してお休みになった起床時、顎の関節に違和感を覚えるなどの症状がある方は、入れてお休みになっても構いません。
①入れ歯はハミガキ粉を使わず、水とハブラシで洗いましょう。
ハミガキ粉には研磨剤が入っているので傷ついてしまいます。
また洗浄する際、硬い床に落としてしまうと壊れたり、変形して合わなくなることもありますので、水をはった上で洗浄するのがベストです。
②入れ歯に接する歯を清潔に保ちましょう。
一番汚れやすい部分になりますので、虫歯にならないように特別扱いで磨いてください。
③初めて入れ歯を使用する時は、柔らかい食べ物を食しましょう。
初めて入れると違和感があったり、頬の内側を噛んでしまったりすることがあります。
口が入れ歯に慣れるまでは、柔らかい食べ物を中心とし、少しずつ時間をかけて慣らしていって下さい。
上手に使えるようになれれば、人工臓器として機能してきます。

【まとめ】

1、まずは虫歯、歯周病の原因を取り去る予防処置をしっかり行う(全ての歯科治療の基本です)
2、残存歯が虫歯、歯周病にならないようにケアする
3、入れ歯を正しく設計することにより、バネのかかる歯の負担を最小限にする

気をつけて欲しいこと

入れ歯安定剤の弊害について

市販の入れ歯安定剤を使って、自分自身で調整を行っていると、入れ歯の「噛み合わせ」が不適切な状態になり、様々な問題を引き起こします。
噛み合わせの悪い入れ歯の一番の問題は、顎の骨の吸収を促進させてしまうということです。
その場しのぎの調整は、かえって症状を悪化させてしまう場合が少なくありません。
万一の時でも、入れ歯安定剤の使用は短期間で止め、歯科医院にご相談ください。

入れ歯の種類

「入れ歯」にはさまざまな種類がありますが、主に「総入れ歯」と「部分入れ歯」に分けられます。

「総入れ歯」
全ての歯を失った場合に装着するのが総入れ歯です。上顎・下顎の歯のあった土手の粘膜にピッタリ吸着させて使います。
お使いの入れ歯がある場合、その問題点を少しずつ改良し使いながら最良の形に近付けていきます。
それを元に最終的な型取りの器を作ります。
仮合わせの時には、顔や唇との調和をチェックし、より自然な歯並びで仕上げます。
これで美しい微笑みが戻ります。

【部分入れ歯】
残存している歯の本数、位置によって設計は変わります。部分入れ歯にとってこの設計は非常に重要で、「設計によって噛めるか噛めないかが決まる」と言っても過言ではありません。
部分入れ歯は、その維持装置(俗に言うところのバネの役目をするもの)の種類によって様々な名前で呼ばれます。

ミリング義歯

失った歯だけでなく口腔内をトータルに考えて作られた入れ歯。
精度が高く、ずれにくいため、しっかりと噛めます。
また、バネ(留め金)が見えないので審美性に優れている上、装置を付けている舌触りなどの違和感がほとんどありません。
残存歯にも負担をかけず安定した咀嚼機能を回復出来ます。条件が合えばオススメの入れ歯です。

コーヌス義歯

残存歯に筒状の内冠を作り、その上にもう一つかぶせる外冠を入れ歯部分と連結して安定させます。
しかし、コーヌス義歯に適した症例は上下の残存歯数と、その分布バランスなどが安定の条件となるため適応範囲が限られます。
また、支台歯に入れ歯の負担を分散させることが難しいため、最近ではあまり採用していません。

リーゲル義歯

コーヌスの欠点を改善すべく、2重冠部分にカンスキを応用した義歯、入れ歯にかかる力を分散できるので残存歯にやさしい入れ歯ができます。
ただ、高度な技工技術と各工程での精密な作業が求められるため、コストパフォーマンスに劣ります。

磁性アタッチメント入れ歯

維持に磁石の力を応用した入れ歯です。入れ歯を安定させる際にかかる残存歯への力はゆるやかで、残存歯への影響も比較的少ないです。
少数の歯しか残っていない場合に適しています。
開発時、MRI撮影のときに画像を乱すとの懸念がありましたが、脳領域の撮影には、ほぼ問題ありません。
症例写真の上顎は磁性アタッチメント利用、下顎はミリング義歯です。

クラスプ入れ歯

オーソドックスな入れ歯です。
バネのかからない歯が加工できないときに作ります。
ピッタリしたバネが、そのまま歯をかかえるようにして継持します。
審美及び異物感ではやや劣りますが扱いやすい入れ歯です。

ノンクラスプデンチャー

新しい素材の入れ歯です。バネがないのが特徴ですが残存歯を保護するという観点からは疑問を感じます。
長期間の使用には耐えられないでしょう。
暫間的に使う場合や入れ歯入門の方に適していると思います。
維持装置の種類の違いから入れ歯の特長を述べてきましたが、残存歯の諸条件によって1つの入れ歯でも複数の種類の装置が混在するコンビネーションの入れ歯もあります。

当院のおすすめ入れ歯 ミリングデンチャー

失った歯だけでなく、口腔内をトータルに考えて作られた入れ歯。精度が高く、ずれにくいためしっかりと噛めます。またバネ(留め金)がないので審美性に優れているうえ、装置を付けている舌触りなどの違和感がほとんどありません。残存歯にも負担をかけず安定した咀嚼機能を回復できます。
ブリッジの内側部分に入れ歯の入るスペースを確保します。
平行に削られた入れ歯のバー。
ブリッジの内側部分に入れ歯の入るスペースを確保します。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

歯科医療は、保険診療と自費診療に二分化されており、入れ歯においても保険診療のものと自費診療のものとがあり、患者さんのご希望により選択できます。保険診療の入れ歯は最低限の機能を回復するのが目的で、自費診療の入れ歯は機能の回復はもちろん、審美性も考慮されています。
保険診療 自費診療
費用 安価 高額
審美性 レジン(歯科用プラスチック)でできているため、天然歯との違いがわかりやすい 透明感や色調を天然歯同様に再現できるため、自然な美しさを実現する
フィット性 強度を出すため肌にあたる部分に厚みがあり、口の中で違和感がある 舌の動く範囲が広がり、噛みやすい。また、食べものの温度や食感も伝わりやすい
噛み心地 特に硬いものはしっかり噛むことができない。また、熱伝導率が悪いので食べものの温度がわかりにくい 肌にあたる部分は金属素材などを使うことで薄く作れ、口の中での違和感が少ない
このように、保険診療の入れ歯は安価で手軽に機能回復をできるものの、自費診療の入れ歯のほうが審美性と機能性を長期的に保てるため、長い目で見るとおすすめです。

入れ歯とインプラントで悩んだとき

歯を失うと、その部分に何らかの人工物で修復しなければなりません(まれにそのままで経過を診る場合もあります)。
その場合の修復方法として代表的な選択肢は3つあります。

・ブリッジ
・入れ歯
・インプラント

いずれの方法も、それぞれメリット・デメリットがあります。
患者さんの立場になり、そのメリット・デメリットを顎の状態、欠損の範囲、年齢、全身の健康状態などを踏まえ詳しく説明致します。

そしてそれらを総合的に判断し最良の方法を提案したいと考えております。
当院はインプラントが歯を失ったところの最善の回復法とは考えていません。
正確に作られたブリッジは両端の歯を削るというデメリットを無視できるほど長持ちしてくれますし、正しい設計で作られた部分入れ歯も長期間口腔内で機能することが分かっています。
また、当初入れ歯で対応した方も、入れ歯がどうしても受け入れられずにインプラントへ移行することも可能です。


当院で入れ歯を作り、20年以上経った今でも安心して使い続けられている患者さんが数多くいらっしゃいます。
すぐにダメになる入れ歯ではなく、『長期に安心して使い続けられ、患者さん一人ひとりにとって最良の入れ歯』になるよう一つ一つの工程を丁寧に作っております。
いっさい妥協はしないと言う信念が長年使い続けられる秘訣になっているのです。
どうぞご安心して、お気軽にご相談下さい。

ブリッジ

自分の歯を残すための補綴治療~ブリッジ~

ブリッジは、失った歯の両隣の歯を削り、それらを土台として橋を架けるように人工歯を被せて歯の機能を回復する補綴治療です。症例写真にあるように、当院ではブリッジは、失った歯を補うだけでなく、状態のよくない歯をブリッジでつなぐことで、今残っている歯を守ることができるとも考えています。
【術前】
【術後】

ブリッジのメリット

  • 審美性がよい
  • 咀嚼能率が高い
  • 口の中での違和感が少ない
  • 残存歯をつなぐことによって、噛む力を分散できる