石田歯科医院 ホーム > 診療の流れ

診療の流れ

応急処置

歯が痛い・歯肉からの出血・入れ歯の具合が悪いなどの時には、まずその部分から治療を致します。
予診表にアレルギーの有無などお体のコンディションもあわせてご記入していただき、
これからの治療計画の資料とさせて頂きます。

診査・診断

応急処置が終わるとお口全体を一単位と考え、十分な診査を行い診断を致します。
レントゲン写真を撮り、目に見えない隠れた病気を発見します。
歯型を取り、上下のかみ合わせのバランス・歯並びを見ます。
その結果については、カウンセリング時に充分ご説明致します。

カウンセリング

診査・診断の結果をもとに、ドクターから個別に症状・病院・治療方法・期間・費用について説明致します。
再発させないことや治療をスムーズに運ぶためには、患者さんご自身の理解と協力が必要です。

予防プログラム

虫歯も歯周病もお口の中の環境改善で予防が可能です。
歯垢を取り除くことを目的とした充分なブラッシング・徹底した歯石の除去・食生活の工夫と改善が、
再発を防ぐ治療を行う前提条件となります。
予防プログラムにより歯科衛生士が責任を持って原因の除去をお手伝い致します。

修復プログラム

歯には自然治癒力がないため、一度崩壊したところは人工物で修復しなければ成りません。
単に詰めたり、かぶせたりするだけでは一時的には噛めるようになるかもしれませんが、
長期的に機能することは不可能です。
修復物が人工臓器となりうるためには、歯にフィットしていること、
全体に調和した噛みあわせであることなど、質の高い治療が要求されます。

メインテナンス

さて、すべての治療が終了しました。しかしそれは新たなるスタートでもあります。
そして、なぜ歯が悪くなったかをもう一度考えてみてください。
お口の中の環境が治療前と同じになれば、必ず病気は再発します。
虫歯も歯周病も初期のうちは症状がありません。
毎日のブラッシングによる、患者さんご自身のメインテナンスを実行すると共に、
必ず定期検診を受けてください。
治療後のフォローも万全にしたいのです。

初診時の診査・診断

痛みがある場合はすぐに応急処置を行います。痛みがない症例や応急処置が終わった後には、レントゲン撮影や歯型の採取、歯周病検査などの診査・診断を行います。

カウンセリング

診査・診断の結果をもとに、個別のカウンセリングを行います。患者さん一人ひとりの症状に合わせた診断結果の説明や現状の確認、治療法、治療期間、費用についてご提案します。この②と3を合わせて当院では歯科ドックとして患者様の現状把握に役立てています。

初期治療

患者さんの症状に応じ、以下のような処置を行います。
予防プログラム

  • プラークコントロール

  • ブラッシング指導

  •  ※上記2項目は、セルフケアの確立や口腔内写真に
      よる口腔把握など歯周基本治療です

  • PMTC(専用の器具を用いた歯のクリーニング)

虫歯治療 Step1

  • 修復治療

  • 根管治療

  • 抜歯

歯周病治療 Step1

  • 歯石除去

  • 歯根面のクリーニング(SRP)

  •  ※上記2項目はP.P.に含まれれる

  • 咬合調整

  • 歯牙の暫間固定

再評価

この段階で治癒に向かっていれば治療は完了。継続的な口腔内のメインテナンスを行い健康管理していきます。治癒に向かっていない場合は、外科的処置などを含めた次のステップの治療を行います。

治療(修復中)

再度カウンセリングを行い、治療計画の見直しを行います。患者さんの合意のもと、次のステップの治療へとすすみます。
虫歯治療 Step2

  • 支台築造(歯の土台づくり)

  • 仮歯の装着(最終補綴物のデザインの決定)

  • 最終補綴物の装着(クラウン・ブリッジ・入れ歯)

歯周病治療 Step2

  • 歯周外科(改善されなかった部分の小手術)

  • MTM(歯の小矯正)

  • 歯牙の永久固定(顎の骨の安定を図る)

再評価

この段階で治癒に向かっていれば治療は完了。継続的な口腔内のメインテナンスを行って健康管理していきます。まだ治癒に向かっていなければ、外科的処置などを含めた次のステップの治療を行います。

メンテナンス

定期検診にて、虫歯や歯周病の検査、プラークコントロールのチェックなど、セルフケアによる健康管理ができているかどうかを確認します。定期的に検診を受けることで歯の病気の兆候を見逃さず、万が一見つかっても症状が軽いうちに治癒できます。さらに、常に口腔内を清潔に保てるよう、PMTCによってプラークを一掃します。